梅雨に入り蒸し暑い日が続いています。今日も午後からはお天気は下り坂になりそうです。
今日は、羽根学区福祉委員会の在宅福祉推進部が中心に、総代さん、民生委員さん、町内推薦福祉委員さんが企画されるサロンに参加させていただきました。

羽根学区福祉委員会では、災害時避難行動要支援者支援制度に登録されている75歳以上のひとり暮らしの方や地域で見守りが必要な方を対象に、各地区の総代さんを中心に“高齢者の孤立防止見守り活動”の1つとしてサロンを年に数回開催(各地区により異なります)されています。

北羽根陣場では「おしゃべり会」という会の名前で年に2回、北羽根荘で開催されます。
今日は、一緒に参加させていただきました!
総代さんから、6月19日に新潟県村上市で震度6強の揺れを観測した「山形、新潟地震」のことに触れ、災害の備えについて参加されている皆さんに聞かれると
95歳のお一人暮らしの女性から「岡崎市で
”家具転倒防止金具の取り付け”で家具を固定してもらったよ!」と声が上がり
参加者の皆さんから「そんないい制度があるなら、お願いしたい!」
民生委員さん、町内推薦福祉委員さんが早速、連絡先をメモに書いて回ってくださいました。

「災害時だけでなく、日頃からの見守りが大切」と学区福祉委員会在宅福祉推進部長さんから今後の地域の取組みを紹介してくださいました。

”おしゃべり会”ならではですが、今回は戦争、伊勢湾台風等の体験をたくさん語っていただきました。
ご自身の年齢やご家族の状況、時代の背景に”思い”が乗り、話を伺うだけで光景が目に浮かぶようでした。
学ぶことが多く、私自身とても貴重な時間となりました。

さて、最後に少し時間を頂けたので・・・
少し時期はズレてしまいましたが6月4日の「虫歯予防デー」が近かったのでお口の健康の話しをさせて頂きました。
「虫歯予防デー」は、6月4日を「む・し」と読めることから始まったもので、特に6月4日から10日までの1週間を「歯と口の健康週間」と定められています。

先ずは、咀嚼(そしゃく)チェックガムで噛む力をチェックしました。
しっかり噛めていると色がピンクに変わります。
ご自分のガムの色の変化が分かるので、見て噛む力が客観的にわかります。
「このガムの色だと、3番目?4番目?」「思ったほど色が変わっていない…」
食事は毎日のこと。気づかないうちに少しずつ噛む力が衰えてきています。
ご自分の「お口の健康」を考えるきっかけの1つになればと思います。

おしゃべりに”花”が咲き、まさに「おしゃべり会」でした!

貴重なお話をうかがい、多くの学びをいただくことができました!
羽根北陣場の皆さん、本日はありがとうございました!!!