今年の梅雨は雨がよく降りますね。
今日は、JRが大雨で遅延していました。
それでも、クマゼミが鳴きはじめ、賑やかな夏の始まりを告げています。

さて、
高齢者の総合相談窓口」と言われても、普通に生活されている皆さんにはピンとこないと思います。
そこで
こんな相談をいただき、当センターがこんな風に支援させていただきました
日々の仕事の中のエピソードを少しずつ紹介させて頂ければと思っています。

相談は多岐にわたりますが、今回は「民生委員さん警察からの電話」 1ケースを紹介させていただきます。

先日、民生委員さんから電話をいただきました。
Aさんが、スーパーの交差点で転んでしまい、お巡りさんに保護されました。お巡りさんから連絡を受けスーパーに来ています」
Aさんは、認知症の疑いがあり当センターで定期的に訪問させていただいている方です。
最近は足腰も弱ってみえたため、お一人で外出されたことに驚きました。
事前にご家族からも同意を得ていたため、民生委員さんにご家族の連絡先をお伝えしました。

数分後に警察から連絡をいただき、ご家族から同意を得ている範囲の情報を提供。警察からご家族に連絡をされたようです。

Aさんは 警察がご自宅まで行き、ご家族が迎えに来て Aさんは無事に帰宅することが出来ました。

後日、Aさんのご自宅にお伺い、相談をいただきました。
認知症の疑いもあり、足腰も弱ってきているため、病院を受診し、介護保険の申請していくことになりました。

Aさんのケースのように、民生委員さんや警察と連携することも多いです。


ご本人やご家族
がご自宅で、安全に、そして安心して日々の生活ができるように、共に考えていくことが私たちの仕事です。